イケメンに「ブス」って言われた話。自分が「美」の基準でいい♡

以前、愛情表現しない彼の話を書いたんだけど、この記事のあと、自分のモンスターみたいなエゴに振り回されて彼氏と別れることになったよ。「今まで関わった女の子の誰よりも強烈」と言われてさよならされました。

記事を時系列で並べるね↓

元祖1式で思考を止める

ぼろっぼろに泣いたあと、エゴが暴れてうるさかったので、元祖1式思考を止めまくったら完全復活。

寝起きってエゴが暴れやすくない?私は寝起きの理性が効いてない時、心が辛くなることが多いのだけど、思考停止・自己観察・自愛のどれかをすると、あたたかい気持ちで起きることが出来るんだ。おもしろいよ。

今回も思考停止のおかげで、苦しかった心が寝て起きたらエゴが静かになってたよ。

いろんな男の人を見ておこう

で、しゃーないしゃーない、まぁそのうち復縁するでしょう。私が彼に決めたら結婚もするだろうから、そのあいだにいろんな男の人を見ておこうと。

手始めに、知り合いの年下イケメン君に連絡をしたんだ。私が1回告白されてお断りしてしまった人。

傷付きやすいイケメン君

イケメン君とのLINEのやり取り中、つい元彼のことを「大事にしたい人」だと言ってしまった私。あー失言だったかもしれないと思ったのは時遅し。

傷つきやすいイケメン君のエゴが暴走。

繰り出される暴言

イケメン君「俺はもともと会う気はない」

イケメン君「前から思ってたけど、つまらん女」

イケメン君「俺がおまえみたいなブスを相手にしてあげてることに感謝して」

キッツイ暴言を送ってくるイケメン君。

ソーダ
ソーダ

イケメン君やばば、ひどすぎ・・・

私のエゴは冷静沈着そのもの

客観的に見たら、暴言男でしかないよね?

ソーダ
ソーダ

人として言っちゃいけないこと言っちゃってるねイケメン君・・・

でも何を言われても、私のエゴは暴れない。暴走しない。

それよりも、私が元彼のことを「大事にしたい人」と言ったことで相手が傷付きカッ!となってしまったことに申し訳ないなと思ったんだ。

「俺は大事にされてない」とでも思ったのかもしれない。プライドもエベレスト君だし傷付きやす男だし。「ごめんね」って送ったよ。「申し訳ないことを言ってしまった」って。

イケメン君は観念チェッカー

「じゃあ、いつ会う?」と返信が来たから「会う気はないんじゃなかった?」と送ると「チャンスあげるよ」って。

会いたくないな〜と思ったから、理由をつけてさよならしようと「ブスって言われたから会う気なくなった」と送るとイケメン君「ブスは事実だし」って。

男女関係なく人間なら泣いちゃいそうなこの言葉に、私のエゴは反応しなかったんだ。

ただ冷静に、相手は私の心を掻き乱したいから、私の弱そうなところを突いて来てるんだと思った。彼は少しメンタル持ちかもしれないし、エゴの特徴は知ってるので、自分を守りたいだけだと思った。

面白いなと思ったよ、傷付きやすいモンスターエゴでも反応しないなんて。むしろ、この暴言イケメンの言葉は、観念チェッカーとして使えると。

クリーミーカプチーノおいしい

記事の途中ですが、ソーダ今これ飲んでます情報です(いらん)。

元恋人ね、別れる前、うちに来る時にマウントレーニア(なんかカップに入った1本150円くらいのやつ)を大量買いして持って来てたんですよ。家なんだからお湯あるしこういうの飲めばコスパいいじゃん、味一緒だよ。ってことをわからすために買っといたんですが、今自分で飲んで「おいしい…」ってなってる。

おいしい…

ソーダ
ソーダ

どうでもいいけど、今「ソーダ」のこと「ソード」って打っちゃってた。剣かよ。

自分の見た目が「綺麗」の基準でいい

「ブス」って言われて傷付くのは・・・

「ブス」って言われて傷付くのは、自分の中に「自分はブスかも」という思いがある時。「猫」は「犬」と言われても「私、犬じゃないじゃん」って思うだけ。「私、犬なの…!?うぇ〜ん」って悩むことはないよね。例えが下手疑惑。

私のエゴは、自分の見た目に自信があるんだと思った。もう少し掘り下げて書くと、自分の見た目が「綺麗」の基準でいいと冷静に理解してるんだなと思ったよ。

世間の基準を自分の物差しにしない

つまり、世間の基準を自分の物差しにしない。(「世間」はただの概念で実体はないんだけどね)

そういう感覚を持つことは、日本では疎まれることだと思う。たぶん。日本人は自信を持つ人を嫌がる傾向にあるのかなって (私が「日本人はそういう傾向にある」という観念を持ってるだけだと思うけど)

他人を「綺麗」の基準にして自分を下げるって一体どういう人生なんだ?って思う。

他人を「綺麗」の基準にして、その綺麗なものを見て癒やされるならそれでいいんだけど、他人を「自分を下げるための材料」にするのなら、その基準は捨てたほうがいいよね〜。

自分の顔が美の基準ではいけないと決めてるのは自分だっ!

自分と同じルールを世界も持つ

私は見た目に関して、自分の基準をブレることなくしっかり構築できてることを確認することが出来たんよ。エゴえらい。

……と、すごく現実的な考え方で語ってるけど、スピ的に考えてもこれはとてもいい考え方だよ。自分と同じルールを世界も持つから、他人を美の基準にして自分を下げるのはドMの所業。現実的でもスピ的に考えても、意味のないことなのでーーす。

収束

「ブスってあんまり言わないほうがいいよ。モテなさそうな人にそういうふうに言われても妬みか?って思うだけだけど、かっこいいイケメン君が言うと威力あるよ」って諌めときました。

気をよくしたみたいで「会おう!」ってなってました。ちょろろ〜い。プライド高男君って逆にコロコロしやすいよね。

やってることは好きな子をいじめる男子と変わらない。もしくはセクハラをするおじさんと変わらない。でもいじめたくなる気持ちわかるよ。

ってことで会わないことにしました。

〜 END 〜

おわります

今回はかなり実用的なことを語ったんじゃないかと思ったよ。いいこと言ったよ私。「自分の見た目が「綺麗」の基準でいい」だなんて。

まぁ冷静に考えると当然のことなんだけど……「自分の見た目に自信を持っちゃダメ」だと思い込まされて生きてきた人は多いんじゃないかな?だから自信を持ってる他人のことを心の中で批判しちゃう。

ちなみに、イケメン君のことは「私よりも顔が綺麗」と思っているので、私の創造物であるイケメン君がそういう発言をするのも無理ないな、という角度からも受け入れてたんだ。

私の中にそういう思いがあるから、本人にも言われた。それはそれでいい。「自分=世界」を確認して楽しくなる今日このごろです。

そんな奴となんで関わってるの?

知人に話したら「そんなやばい奴なかなかいないよ…どうして関わってるの?そんな奴キープしておきたいの?」って言われたんだけど、違うんよ。

このイケメン君は私の実験台。聞こえは悪いけど。「自分=世界」で遊ぶために、認識1つでどれだけ世界が変わるのか、試して遊んでるのだ。

今ずっとイケメン君は「情緒不安定でやばい奴」「でもそんなイケメン君に好かれちゃう私」って認識を固定してるけど、貼り替えて遊んでみるのだ。

ソーダ
ソーダ

私は趣味が悪いからね。なんでも実験台にして楽しむよ〜。

元恋人との話の続きはこちら

この後、冒頭で出てきた元恋人との関係が良好になったよ。

「彼がメロメロな私」に ”なる” で元通りの仲良しになったよ

↑この記事を書いたあと、もっと良好になっていってるよ。彼は私が電話をしたらすぐ出るようになったし、自分からかけてくるようになった。

「私のこと好き?」って聞いたら「知らん」って言い張るツンツンな彼も好みだけど、一旦メロメロすぎる素直な彼を見てみようかなーと思ってるよ。