無職だけど生きてる / 「叶ってない」なんて言葉はどこにも書かれていない / その他いろいろ

こんばんは。ソーダです。寒いよ。

今回はとりとめもなく雑多に書くよ。いろんなこと書いちゃってるから読みにくかったらごめんなさい。

「自分=世界」が常識の世の中になったら、面白くない

毎日こうやってブログを書いて遊んでるソーダです。書きたくて仕方がないんだよね。自分のスピ難民体験を世界に発信できることが楽しくて仕方がない。

リアルでこんな話したくないもんね。私に「スピは普通のことじゃない」って観念があるから、スピ盲信してるヤバイ奴って思われるだけだろうし。「自分だけは特別でいたい」欲求もあるから、この世界はこのままでGOさせたいのです。「自分=世界」が常識の世の中になったら、面白くないんだよね。

ここ数日で見てくれてる人が増えたみたいで、嬉しい。

無職だけど生きてるよ

いま無職だからブログ書き放題だよ。

今たまたま無職だからってニュアンスで言っちゃった感あるけど、わたし基本無職ベースなんだよね。そういえば。だいたい家でゆっくりしてる。

私自身は「お金ないぞ!働かなきゃ!しぬぞ!」っていつも考えてるんだけど、毎回どうにかなってる。結局どこかから入ってきたり、もらったりする。「私って守られてるんじゃない?」ってよく思うね。

実家暮らしじゃないし同棲をしてないし誰かに養ってもらってるわけじゃないよ。世界に養ってもらってるのかも(笑)

でもお金がなくなるたびに「今度こそは無理だぞ!」って思うんだけどね。エゴは毎回究極に絶望しますね。毎回「ほら今回も大丈夫だったじゃん!これからも大丈夫だよ!」と思ってはどうにかなるの繰り返し。いい加減その絶望癖やめなさいよ(セルフ)

今の理解で大丈夫なんだよ〜

難民生活6年目だけど、過去を振り返ってみると、スピ沼にはまって数ヶ月の時からこの仕組みを理解してたなぁなんて思うよ。

日記に書き残してるから、理解がループしてるのがよくわかる。進んでちょっと戻って進んでの繰り返し。1つ頭で理解して進めても、不足の現実に打ちのめされて「 思い通りになるはずじゃないの?やり方が悪いの?」とさらに知識を集めだす。ループの話はここに書いてるよ。

今振り返っても、過去の理解は間違ってないんだよね。少し違うかも?と思う点もあるけれど、だいたいあってる。エゴの「わからない、ちゃんと理解しなくちゃ」という言葉に惑わされて「理解しなきゃいけない対象」を創り出してるだけなんだよね。

だから本当はあなたも、今の理解で大丈夫なんだ。というよりも、エゴの嘘を信じなければ最初から大丈夫だったんだけどね。全て大丈夫なことを知らなかっただけなんだ。

「叶ってない」なんて言葉、現実のどこにも書かれてない

私の場合、変わらない現実もまだ目の前にあるよ。その状況に対して強く反応するエゴもいる。「またこの現実かよ!ずっと一緒だし、スピ脳のおかげで悪化してるし!」ってよく喚くよ。

だけどそれは、エゴがそう言ってるだけ。んで、それによる幻覚も今は見えてる。だけどそれでいい。幻覚なんだから。

エゴ(思考)が嘘って気付くには、エゴと距離を置くのがいいよ。何も考えずぼーっとしたり、目の前に見えてるものからラベル剥がししたり。「叶ってない」なんて言葉、現実のどこにも書かれてないですからね。普通に。

スピゲーマーのお楽しみって感じのポジション

思考は嘘だってわかってるから、なるほど〜そう思ってるのね〜、それが見事にそのまま世界に現れてるね〜って面白がってる。じきに消えちゃう現象だから、十分に味わってる。

エゴエゴなまま創った世界、制限がいっぱいあっておもしろいじゃん。なんでこんなの創ったの?意味不明すぎ、最高。って思ってるよ。

この「既にある」と「叶ったり叶わなかったり」のあいだにいる感じ、面白いなぁと思う。もう妙な苦労をする必要はないから今後は「既にある」を選択するけれど。最初から全て揃ってたら面白くない、詰みゲーも面白くないスピゲーマーのお楽しみって感じのポジションだ。

「現実的に生きること」っていうのは「妄想の中で生きること」と同義

「スピリチュアルにすがるなんて、私って弱い人間だ」「現実を見なきゃ」「私がそうやってるうちに現実は過ぎ去っていってるんだ…何をやってるんだ…」って思うこともよくあった。全部エゴの言葉なんだけどね。

「現実的に生きてる人は偉いな、自分はスピリチュアルにしか生きられない…」って何度も思ったけど、今はそうは思わない。

「現実的に生きる」なんて、恐ろしすぎる。歳を重ねるたびにエゴが制限を覚えていってがんじがらめになるのに、制限ばかりのエゴの言葉を大真面目に信じるなんて。自分で自分を殴り続けて生きなきゃいけないなんて、こわい。

(一部のポジティブな人は違うだろうけど、そういう人はエゴの学習機能があんまり働いてないのかもね。それか「自分はなんでも出来る!」と思い込んで成功体験を積んできた人)

私が今まで思ってた「現実的に生きること」っていうのは「妄想の中で生きること」と同義だった。自分が作った檻の中にとらわれて生きる。そっちのほうがスピリチュアルなやべーやつだった。詰みゲーだし。

スピリチュアルを追究した人は、他の誰よりも現実にしっかり目を向けた人なんだなーと思いました。誰よりも現実と内面をたくさん見て進んできた。胸を張っていい。

現実的行動はしなくていいわけじゃないよ

ちなみにスピは現実的行動を放棄するためにあるんじゃないんです。私は「何でも叶うなら、現実的行動はしなくていいんでしょ?」って思ってた。

「むしろ現実的行動することはよくない」とまで思ってたな…何かをやりたい気持ちがわいても「エゴで行動したらダメだってよく言うじゃん、ダメだよ…」って自制したことも何度もあるw

でもそれ「現実的行動」に「嫌なもの・辛いもの・面倒なもの」ってラベルを貼ってるだけだったんだと気付いたよ。

ちょっと話脱線するね:超健康な体の話

たとえば、私昔から健康人間で、病気には全く罹らないんだけど(風邪やインフルには罹る)、最近「歳を取るたびに病気しやすくなる」って観念が蓄積されつつあるの。

でもうちの家系は超健康人間揃いで、おばあちゃんまでもほとんど病気しない。「歳を取るたびに病気しやすくなる」なんて嘘じゃん、個体差じゃん…。って学習をしてるわけです。

私自身超健康だしあんまり老けないし、周囲から見れば不思議らしくて「食べてるものが違う…?」「美容にお金かかってる」って言われるの。

けど、食べ物なんて不健康そうなものばかり食べてるし、美容には全くお金かけてない。私も「なんで私はこんなに健康なんだろう?」「なんで私だけこんな老けないんだろう?」って思ってたよ。

これを逆手に取って「なんで私はこんなに健康なんだろう?」「なんで私だけこんな老けないんだろう?」をエゴに覚え込ませればそうなるってことでもあるねw これが引き寄せの法則。

話戻すね

ちょっと脱線しちゃった。「現実的行動」についての話に戻すね。

上記の話は「私は健康体」の世界が展開してるんだ。だから不健康そうなものを食べても問題がない。「不健康そうなものを食べても関係ない、私は健康」っていうルールを決めてしまえばいい。

でも、健康そうなものを食べたかったら食べてもいい。楽しいから。

現実的行動っていうのは、この世界を味わうための最高の充足なんだよ。

お・わ・り♡

今回は(今回も?)話にまとまりがなくて森元首相に「女性が書いた文章は回りくどくて読むのに時間がかる」と言われちゃいそうな記事でした。

性別関係なく、私の文章は長ったらしくて読むのに時間がかかるけど、気付きを求めてる方からしたら宝庫だと信じてるよ!